2015年03月23日

MOAMETALとYUIMETALがやろうとしてること

皆様、wowowで放映された埼玉スーパーアリーナ(SSA)の「新春キツネ祭り」はご覧になりましたでしょうか?

私は現地でみていなかったので、映像をみてびっくりしました。
びっくりなんて言葉では足りません。
怖くなりました。

ちょっとその時の衝撃でTwitterに連投した内容が、興奮の様子を物語っているのでそのまま載せます。


SSA観て「4の歌」で感極まって一時停止した。MOAMETALの成長、やばい。ダンスのキレが恐ろしいことになっている。YUIMETALとMOAMETALのダンスの違いは一拍の中をどう使うかってところだったんだけど、そこをYUIMETALに合わせてきた。

1拍が例えば2秒あったとして、これまでのMOAMETALは2秒をかけて体を動かしていた。YUIMETALは1秒めはタメて2秒が終わる瞬間に次のポーズになっている。だから早すぎて目で追えない。腕の動きとかね。同じカウントで踊ってて、どちらも間違えてないのに微妙にユニゾンしてなかった。

それが、いまメギツネから観ていて、MOAMETALがYUIMETALと同じカウント内の使い方をしていて、ちょっと鳥肌がたった。これが何を意味するかというと、MOAMETALはライバルであるYUIMETALに対するリスペクトを持って、YUIMETALと同じように踊る練習をしてきたということ。おそらくは一緒に。

YUIMETALは当然、MOAMETALがやろうとしていることはわかる。だから、練習につきあった、というか「BABYMETAL」の完成度を高めるためにMOAMETALは個性よりもユニゾンを選び、YUIMETALを尊敬しているからこそ、そちらに合わせた。

YUIMETALはそれを助けただろうし、だからこそ、4の歌がヤバイことになっていて、アイコンタクトやばい、ほんとヤバイ。ふたりの充実感とか、友情とか、そういうのが随所に表情で出ていて、泣く歌じゃないけど、泣きそう。

で、思わず「4の歌」おわりで停止してしまった。

MOAMETALがBABYMETALの鍵だと、そう確信した。



もう少しわかりやすく説明しますと、例えば腕を下から上にあげるフリがあったとします。
カウント1で腕が横、2では頭上に腕がきていてね、というフリ。

その1〜2の間を4分割してみましょう。

最愛様はこう、動きを大きく見せるようにカウントいっぱいで表現して踊るタイプだった。
MOADANCE.png


ゆいちゃんは、ためてためて、カウント終わりにバっと持ってくる。
YUIDANCE.png

だからキレがあるし、早いダンスなのに止まって「絵」が見える瞬間が多い。
※フリによって、ためるポイントがカウント終わりに来てることもありますね。


SSAみてて、ゆっくりなフリなんかは、ためるポイントを決めたのがわかりやすい。
メギツネ、BMD、IDZとか。
そういうポイントみつけやすいです。
「あ、二人で打ち合わせして決めたんだな。ダンス合わせるために」ってそれで納得できる。


しかし、BABYMETALのジャンルはご存知のようにメタルです。
だいたいの曲は、カウント「ワン、ツー」なんて1秒ないです。

コンマ何秒という世界の中で、動きを二人が調整してきている。
しかも難しい方に合わせて。

ユニゾンによって、視覚的にものすごい説得力が生まれた。
これはこういう曲なんだぞ!って。


この凄さがわかりますか?
SSAみて、進化の凄さに鳥肌がたったという方はどれくらいいるでしょう。
多くいらっしゃると思います。

YUIMETALとMOAMETALは、メタルのビート感を利用して曲を「体現」してみせているんです。
表情もつけて演じている。

とてつもない。
とてつもないです。

ダンスは習ったことがある程度で、専門ではありません。
だから何かとんちんかんなことを言ってるかもしれない。
でも、みたままを、私の目に映ったままを語っています。

BABYMETALはすごいです。
posted by WANKO-METAL at 14:47| Comment(14) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております。
SSA、当日見ていましたが、やはりMOAMETALの運動量、気迫が凄かったのが印象的でした。
去年の12月、豊洲でのSU−METAL生誕祭では、PAの音質は最悪でしたが、
「おねだり大作戦」にSUが参加したことによる別物のような迫力と、
MOAMETALの煽りの気迫に圧倒されたことが忘れられません。
中学生の女の子の迫力に凄い!と気押されたことが、素晴らしい大切な記憶です。
Posted by hide at 2015年03月25日 18:42
hideさん!コメントありがとうございます!

スーパーアリーナ行かれたんですね!豊洲まで!?すごい!
コメント読むだけでも、ステージの迫力が想像できます。大切な思い出。私も幕張で心に刻みたいと思います!
Posted by WANKO at 2015年03月27日 00:34
昨日ようやくWOWOWの録画チェックしましたが
私の様な素人目にも、動きのずれは少なくなっているのが解りました。
いい年のジジイでもう何年もライブには行っていませんが
久しぶりに生で見たい、と元気もらっています。
幕張当たって欲しいけど・・・・キツネ様のみぞ知る??
管理人様、楽しい記事ありがとうございます。
Posted by なおにゃ at 2015年03月27日 08:07
なおにゃさん
コメントありがとうございます!

わたしもいい年したババアですw
生で、あの空間で彼女たちの生み出すエネルギーを体感したい、SU-METALの歌を聴きたい。その気持ちわかります。

なおにゃさんが幕張のチケットあたるようにお祈りします!
Posted by wanko at 2015年03月29日 00:14
ベビメタにはまって早や半年、とうとうこのブログにたどり着きました
ただいま読み漁ってる最中です。
今までなんでこんなはまっちゃったんだろうと思ってたことがこちらを拝見することでどんどん明らかになっていきます
唸るばかりです
ただただ洞察力と博学に感心してるしだいです
また遊びに来ますのでぜひ深い記事お願いします
Posted by at 2015年04月13日 22:19
大変うれしいコメントありがとうございます。

最近は仕事が新年度で、なんとも筆が遅くなっておりますが、赤ミサが終わったら必ず何か書きますね!!
Posted by WANKO at 2015年04月16日 01:59
ゆいもあ相変わらずかわいいなとしか見ていませんでした
見直してきます
Posted by at 2015年05月06日 01:58
それも正解だと思います!
Posted by Wanko at 2015年05月06日 19:57
進化凄いですね〜
最初に見た時は卓越したボーカリストSuMetalのオマケと思いました。
しかし最近の動画をYouTubeとかで見てビックリ、彼女達がいなと成立しないところまできてますね。
彼女達のレベルにあるダンサーは他に見た事ありません。
Posted by 花工房 at 2015年06月24日 00:08
花工房さん
コメントありがとうございます!
そうですよね、SU-METALのためのユニットでしかなかったのが、YUIMOAの覚醒で「三人でBABYMETAL」としか言えないまでの存在になった。
だからこそ、エンタメに対して目の肥えたアメリカでツアーが行えるんですよね。
Posted by WANKO at 2015年06月24日 00:28
「踊ってみた」等で他のアーティストのダンスは上手く踊れる素人がBABYMETALを踊ると全く別物に見えるのだね
Posted by at 2015年07月27日 15:08
コメントありがとうございます。
メタルのビートは速いですものね…その上で振り付けもモダンですし。でも、踊ってみることが楽しいと思うので、どんどん踊って広まって欲しいですよね!
Posted by Wanko at 2015年07月30日 11:19
私はバンド出身で、ほぼ踊りはわからないのですが、babymetalの踊りは本当に凄いと思います。解説ありがとうございます!メタルのステージ上はほぼ音が回ってよく聞こえない中、クリック音であれだけ合わせられたら、後ろからみてるメンバー、スーは鳥肌だってますかね。
Posted by あき at 2016年11月01日 23:28
>あきさん
なんか既にこんなこと考えずに踊ってそうですけど、あの2人はすごいですよね。
SU-METALも、歌わずに踊ったらもっとすごいんだろうなと思います。
歌ってなんぼですが、歌わないシーンもあればいいのになぁと、Liveみてて欲が出ます。
Posted by WANKO-METAL at 2016年11月06日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: