2016年05月08日

メタルダンスユニットですよ?

BABYMETALはメタルダンスユニットと称されますよね。
そりゃそうなんですよね。
ツーバスのドドドドド、ギターのピロピロピロピロ。
そんな音に合わせて踊るとか、あり得ない。
あり得ないことをしてる珍しさから、そこを主張した呼び名がつくのも納得です。

あのスピードでもクリックに合わせられるリズム隊、CD音源と同じフレーズ弾けるギタリストがいないと、生バンドで毎度同じダンス再現するとかまず不可能。
かと思えば、ドラチョコ(※1)みたいなアレンジきかせた演奏でも、いつも通り踊れちゃう。
なんなのあの子たち。
どうやって合わせて踊ってるの。
気になる。
NHK特番(※2)でマーティ・フリードマンが「手話みたいな感覚なんだね」って言ってたけど、それを、だから、どうやってるの〜〜。

BABYMETALはダンスについて語られることが少ない(気がする)。
SU-METALの歌に圧倒されて、ダンスのことはあまり語られてない(気がする)。

たのむ。
ダンスの専門家、もしくは詳しい人にお願いしたい。
この3人のダンスのこと、教えてください!!

というのもですね。
最近いろんなアイドルさんたち観てて、ふと思ったんです。

ユニゾンとは?
個性とは?


ひめたん(※3)のwikiを読んでたら、乃木坂に加入した当時、広島アクターズ時代につけたダンスの個性が通用しなかったというような主旨の文があって。ユニゾンを壊すからと。

ひめたん好きだから乃木坂46を例に出したけど、その系列に限らず対抗勢力のハロプロ系も、ダンスのユニゾンを大事にしてる。
それって群舞において、完成度に直結してると思います。
いろんなアイドルチームみてて思うけど、人数が多ければ多いだけ、そこで差を感じる。
10人以上いたら、腕の角度ひとつ、タイミングひとつズレても、絵が崩れてしまう。

だから「ダンスの世界では、何がセーフで何がNGなんだ?」と思って。
んー。
本当に人数の問題?

例えば、ゆいちゃんはダンス凄いんですよ。
BABYMETALのYUIMETALは、ひとりで何か凄いんですよ。
みてください、この方の分析。
「YUIMETALのダンス」
でも、メタルのBPMの中でしっかり3人はユニゾンしてる。

SU-METALにはSU-METALの、MOAMETALにはMOAMETALのクセがあって、でも、ユニゾンしてる。
SSAくらいから、本当にバチっと合わせてきた。

KOBAMETALが今年に入ってからメディアに進出させた理由に、この「完成度」もあると思うんです。
SU-METALがテキパキ話せるようになったからインタビュー増やせたっていう背景もありそうな気もするけど(小声)、でも、まず既存のアイドル勢力に対峙する商品として、間違いの無いクオリティにようやく達したってことなのかな?と。


などなどと考えても、そもそもどこがBABYMETALダンスの特異点なのか分からないので、スッキリ落ちて来ない。
SU-METALに「考えるな!感じろ!」って言われて終わる話でしょうけどね。

わたしオタクだから気になっちゃうよ、すぅちゃん!(涙)



※1:ドラゴンフォースさんとコラボしたときの「ギミチョコ」俗称
※2:NHK特番「BABYMETAL革命」
※3:中元日芽香(なかもとひめか)さん。すぅちゃんのお姉ちゃんですぞ。
posted by WANKO-METAL at 19:28| Comment(16) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。