2015年06月23日

巨大天下一メタル武道会〜スタンディングLIVEについて思う

幕張のワンマン、参戦してきました。
私はEブロックでしたし、背が低いので何にも見えなかったのですが、たまにスクリーンを見上げて様子を把握したり、最愛様の笑顔をみて安堵したりしていました。


基本は好きに踊ってましたね。
好きな曲で好きに踊る。
それが許されるのが、LIVEだったりイベントだったりすると思ってまして。

だって、自宅で爆音で踊ってたら近所迷惑だし。
街中でイヤホンで踊ってても周囲に迷惑だし。
LIVEしかないじゃないですか。
ノリノリでいて許されるの。


今回はオールスタディング。
「みんな、フリーに体を動かしてね」っていうことですよね。
赤ミサのレポでも書きましたが、楽しみ方によってポジショニングを変える必要があります。

巷では圧縮のこと、サーフのことなど、参戦マナーについて議論しているように見受けます。
うん。
まぁ、わかる。

圧縮は、前に行こうとする力。
ステージに近づきたい欲求によって生まれます。

どのブロックも、おそらく後方は空閑があったかと思います。圧縮されてでもベビメタちゃんたちに一歩でも近づきたいのじゃああ!という気持ちがあれば、その圧縮と戦って場所を勝ち取るしかない。でも「観たい!  最愛様の御姿を、この目で観たい!」という場合は、下がったほうがいいですよ。少なくとも潰れないし、モニター見上げる余裕はある。

オールスタンディングのよいところは、移動が可能なことです。
前に行ったり、後ろにさがったり、周りをみて、ノリが近しい人とつるんでみたり。

「圧縮がきつくて下がれない!」
経験したので、わかります。
まずは身を任せるしかないです。
そのうち前に行こうとする人と下がろうとする人で、人の塊が崩れます。そこで下がる。

後ろ向いてしまって下がる意思を示すのもありです。前に行きたい人ばかりなので、喜んで入れ替わってくれますよ。
だから前に行きたい方は、下がろうとする人がいたら、下がらせてあげてください。ステージだけじゃなく、そこのコミュニケーションにも目配りしていただけると幸い。

んで、空いてるところまで下がれば、周囲を見渡す余裕が持てます。
あまりステージに夢中になるより、周りと一緒に盛り上がろうと考えた方が楽しめます。
だって、ステージなんてどうせ見えないですもん。



サークルモッシュも巻き込まれたら無理に止まるより一緒に回ってみるのも手です。
かけっこしながら、疲れたらタイミングみて抜けられますよ。

周りを見てる人が多いスペースが安心安全です。

私が「こえぇ」と思ったのは、あまりにもステージに釘付けの人と、フラフラ酔いしれて自分をコントロールしてない人です。
急な圧縮が来たり、その人の感情のままに突然体当たりしてくるんで。
あれは、なんなんだろうなぁ、会場には仲間が25000人もいるのに、誰とも一緒にいない感じ。
脈絡のない体当たりをくらったうえに、こっちが寂しくなってしまうという(苦笑)
ひとりぼっちでいようとしたら、すぅちゃんが悲しむよ。
一緒に踊りましょう、ぜひぜひ。



サーフに関しては、頭上を送ったことも乗ったこともないので、わかりませんが、乗る人も周り見てこのメンツなら行ける!って乗ってると思うので、いかにもな猛者が多いところにいたら頭上を人が流れてくることもあるかもですね。それが怖いなら、おとなしい人たちがいるところまで下がったほうがいいですよ、やっぱり。



「屈強な男子しか前にいけないなんておかしい」という意見も見かけます……。
でもほんと、下がった方が見えますので、意外と幸せですよ、と伝えておきたい。

『距離の損得より、視界の損得』

演者の愛は会場の一番後ろでも届きますから。
最も愛を大切に、です。
はい。
もあもあ〜!!

posted by WANKO-METAL at 00:15| Comment(16) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする