2015年03月23日

MOAMETALとYUIMETALがやろうとしてること

皆様、wowowで放映された埼玉スーパーアリーナ(SSA)の「新春キツネ祭り」はご覧になりましたでしょうか?

私は現地でみていなかったので、映像をみてびっくりしました。
びっくりなんて言葉では足りません。
怖くなりました。

ちょっとその時の衝撃でTwitterに連投した内容が、興奮の様子を物語っているのでそのまま載せます。


SSA観て「4の歌」で感極まって一時停止した。MOAMETALの成長、やばい。ダンスのキレが恐ろしいことになっている。YUIMETALとMOAMETALのダンスの違いは一拍の中をどう使うかってところだったんだけど、そこをYUIMETALに合わせてきた。

1拍が例えば2秒あったとして、これまでのMOAMETALは2秒をかけて体を動かしていた。YUIMETALは1秒めはタメて2秒が終わる瞬間に次のポーズになっている。だから早すぎて目で追えない。腕の動きとかね。同じカウントで踊ってて、どちらも間違えてないのに微妙にユニゾンしてなかった。

それが、いまメギツネから観ていて、MOAMETALがYUIMETALと同じカウント内の使い方をしていて、ちょっと鳥肌がたった。これが何を意味するかというと、MOAMETALはライバルであるYUIMETALに対するリスペクトを持って、YUIMETALと同じように踊る練習をしてきたということ。おそらくは一緒に。

YUIMETALは当然、MOAMETALがやろうとしていることはわかる。だから、練習につきあった、というか「BABYMETAL」の完成度を高めるためにMOAMETALは個性よりもユニゾンを選び、YUIMETALを尊敬しているからこそ、そちらに合わせた。

YUIMETALはそれを助けただろうし、だからこそ、4の歌がヤバイことになっていて、アイコンタクトやばい、ほんとヤバイ。ふたりの充実感とか、友情とか、そういうのが随所に表情で出ていて、泣く歌じゃないけど、泣きそう。

で、思わず「4の歌」おわりで停止してしまった。

MOAMETALがBABYMETALの鍵だと、そう確信した。



もう少しわかりやすく説明しますと、例えば腕を下から上にあげるフリがあったとします。
カウント1で腕が横、2では頭上に腕がきていてね、というフリ。

その1〜2の間を4分割してみましょう。

最愛様はこう、動きを大きく見せるようにカウントいっぱいで表現して踊るタイプだった。
MOADANCE.png


ゆいちゃんは、ためてためて、カウント終わりにバっと持ってくる。
YUIDANCE.png

だからキレがあるし、早いダンスなのに止まって「絵」が見える瞬間が多い。
※フリによって、ためるポイントがカウント終わりに来てることもありますね。


SSAみてて、ゆっくりなフリなんかは、ためるポイントを決めたのがわかりやすい。
メギツネ、BMD、IDZとか。
そういうポイントみつけやすいです。
「あ、二人で打ち合わせして決めたんだな。ダンス合わせるために」ってそれで納得できる。


しかし、BABYMETALのジャンルはご存知のようにメタルです。
だいたいの曲は、カウント「ワン、ツー」なんて1秒ないです。

コンマ何秒という世界の中で、動きを二人が調整してきている。
しかも難しい方に合わせて。

ユニゾンによって、視覚的にものすごい説得力が生まれた。
これはこういう曲なんだぞ!って。


この凄さがわかりますか?
SSAみて、進化の凄さに鳥肌がたったという方はどれくらいいるでしょう。
多くいらっしゃると思います。

YUIMETALとMOAMETALは、メタルのビート感を利用して曲を「体現」してみせているんです。
表情もつけて演じている。

とてつもない。
とてつもないです。

ダンスは習ったことがある程度で、専門ではありません。
だから何かとんちんかんなことを言ってるかもしれない。
でも、みたままを、私の目に映ったままを語っています。

BABYMETALはすごいです。
posted by WANKO-METAL at 14:47| Comment(14) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする