2015年03月09日

最愛様へ。届いています。そしてこれからも。

「届け」

3/7(土)に行われた「書道」の公開授業で、最愛様が披露した渾身の一筆。
メッセージを発信する者としての、力強い意志。


さて、今月の「日経エンタテイメント」にさくら学院中3メンバーのインタビューが載っています。そこで最愛様は語っています。自分の発言は人に良い影響も悪い影響も与えるから、その自覚と責任を持って心を込めて言葉を使っていかなければ、と。

15歳の少女が、自分の言葉に責任を持つ、と宣言しているんです。驚きました。



「届け」


この一言に、胸が熱くなります。
最愛様の根底にあるもの。私たちオーディエンス(消費者)に向けての視線。
伝えるためにに、そこにいる。
元は、アイドルが好きで憧れて入った世界。だけど今はもう完全に「仕事」になっている。本当に「プロ」だな、と思うことばかりです。

こうした責任感は、さくら学院というユニットで身についてきたもの。

同じく「日経エンタテイメント」でゆいちゃんが語ります。
曲や歌詞に意味があって、先生がつけた振り付けにも意味があって。だから立ち位置含め、振り付けが曖昧に引き継がれて意味が薄れないように、しっかり後輩に伝えていく必要があると。

以前このブログにも書いた通り、さくら学院のメンバーは「クリエイターから作品を受け取り、オーディエンスに渡す」という自分たちの役割をわかっている。


ステージでの立ち振る舞い。
インタビューでの受け答え。
仕事に取り組む姿勢。


どんなに体調が悪くても、手を抜けない。ステージに立ったら、プロのパフォーマーとして、自分の責任で演じ切ろうとする。こちらが心配になるほどに。


BABYMETALのステージを観ていて、みんなが思うこと。
「この子たち、生命かけてる」
その覚悟に圧倒されて、誰もが涙を流す。

だって、その覚悟って私たちのためにしているんですよ。
不特定多数の、見知らぬ私たちに向けての、全身全霊でのメッセージなんです。

なんで?

どうしてそんなことできるの?

アガペー(無条件に注がれる、見返りを求めない愛)なの?


ステージから落ちても。
体調が悪くて手をつきたいほどでも。
曲間にスタッフの介助が必要になるほどハードでも。

楽をしようとしない。
演者にとっての効率を求めない。
あくまで作品の振り付けを全力で演じきる。
そこに込められたメッセージを損なわないように。



私たちのために。


幸せ者ですね、私たちは。
応えたいです。私も人生をかけて、しっかりと受け止めたい。
仕事でくじけそうなとき、考えるのは最愛様のステージ。ここまで、どんな苦境に立たされても彼女は自分の仕事を全うしてきている。

私も顔笑りますよ、最愛様。
ちゃんと届いています。

posted by WANKO-METAL at 00:08| Comment(4) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。