2015年03月02日

SU-METALは日本語の普及に貢献しているぞ

SU-METALは日本語の発音がとてつもなく美しい。
これはもう、飽きるほど主張していますけど。
こうした海外勢のカバーをみると「ほらね!」って言いたくなります。


SU-METALの発音は明瞭なんです。
だから真似しやすい。
そして真似してもらえれば、日本人並み、いや、正直いまの日本人の平均的な発音よりも綺麗な日本語になります。

なぜか日本の国語の授業って五十音の発音練習をしないですよね。
文字をいきなり読ませるだけ。
発音は各ご家庭にお任せ。
変な国だよ、本当に。

だから、文科省に提言したいのです。
BABYMETALを聴いて歌うということを、小学校1年の国語授業に組み込んだほうがいい!と。

でもな。

おえらいさんたちのすることはな……。

「BABYMETALというバンドの、いちばん当たり障りのない、子供に聴かせられる曲はどれだ」
「この、”4の歌”というのは歌詞が易しいですね」
「では。それを採用しよう」


なんつってさ。
SU-METAL歌ってませんけど?!
みたいなことになりそう。


さておいてもYOUTUBEを検索すると、おチビちゃんたちがBABYMETALの曲を踊ってみたり歌ってみたりしています。
かわいい。
かわいいよぅ。
ぜひぜひ、このまま、たっくさん歌ってほしいなと思います。

BABYMETALの楽曲には難しいことば、変なことば遊びも溢れています。
けれど、昨今の日本人の滑舌の悪さを憂いている身としては、ぜひぜひ、若い世代にSU-METALの発音を真似してほしい。

人間の人間たるところ。
それはことばを操ること。
気持ちを伝えるために、長い刻をかけて進化させてきた道具。

ことば。

自分たちの国のことばくらい綺麗に話して、コミュニケーションを潤滑にしたいじゃないですか。
歌が上手じゃなくても、会話はできます。
声をかけることはできます。

BABYMETALにハマってはみたものの、メタル音楽は激しすぎて他のバンドを聴くのに抵抗があったとして。
そのジャンルが抱えるテーマみたいなもの。
根っこの部分。
弱者へのシンパシーというか。
鼓舞。

ことばを持つ、ということは出来るんじゃないかなって。
そう思うんですよね。

それが僕らのレジスタンスだったりしてもいい。よね?すぅちゃん。
posted by WANKO-METAL at 22:56| Comment(8) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。