2015年01月31日

SU-METALの母音には彼女の愛がこもっている

twitterで知り合ったモトパ-METALさんが「My Graduation Toss」のすぅちゃんver.を聴かせてくださいました。
モトパさんはPAやレコーディングエンジニアをされていた、いわゆる音響技術屋さんです。

この曲について語る中で「母音をしっかり出せると歌でここまでリズムを引っ張れるんだ!?と衝撃を受けました!」なんて、私が大好きな母音の話を振ってくださいまして、ミー、コーフンコーフン。

リズムを引っ張る、という表現が格好良いなと思います。
音符マークと母音の粒が一致してる、つまり、譜面の通りにボーカルが拍を刻んでくれる気持ち良さを言っておられるわけですね。

母音は a i u e o です。

話すとき、歌うとき、人に聴こえる音、届く音、響く音は母音です。
子音は k とか s とか。母音の前に一瞬かすかに発せられるきっかけのようなもの。
あまり響かない。
そんなに鳴らない。
滑舌をよくする、はっきりと人に言葉を伝えるには、まず、母音をしっかり出すことです。

すぅちゃんの発する一音、一音はしっかりとメロディに合致している。
まるで「人間初音ミク」というか、歌詞を平仮名に変換して一文字ずつ音符に当てはめたかのように音の粒がはっきりしています。
この音に、この言葉。
そこのところを大事にしてくれている。
大事にできる。
母音が粒立っているからこそです。

もう一度言います。
話すとき、歌うとき、人に聴こえる音、届く音、響く音は母音です。

そう。

綺麗に発音する、母音をクリアに響かせる、というのは「人に言葉を届けたい」「人に気持ちを届けたい」というシンプルで強い意志が心にあるからこそ身につくものです。

すぅちゃぁあああああああぁぁんっ!!!

なんて素敵な子なのでしょうか。
歌う仕事を選んでくれた現実に胸がぎゅっとなる。
すぅちゃんなら、たくさんの人に、たくさんの人に、届けられるよ。
励まし、勇気を届け、痛みを分かち、喜びを分かち……。

こんなに綺麗な発音。
本当に衝撃をうけたんです。
なんて素直で美しいのか。
この子の想いが届かないわけがない。



さて、名曲を私に聴かせ、ひとしきり興奮させたモトパさん。
このような質問をくださいました。

よくぞ訊いてくれました。
私、ちょうどすぅちゃんの「し」の発音の美しさについて語りたくなっていたのです。
でもちょっと長くなってきたので、この質問への解説は次回に持ち越しということで……!!

モトパさんの記事もかなり専門的で面白いです。
音響屋さんの視点からすぅちゃんの声の魅力を分析してくれているので、ワクワクします!
「SU-METALが1/fゆらぎを持ってるそうですが・・・」
http://blog.livedoor.jp/symmetal/archives/21561109.html
「SU-METALについて」
http://blog.livedoor.jp/symmetal/archives/17580845.html
posted by WANKO-METAL at 02:41| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。