2015年01月28日

歌詞とメロディの重要性

歌詞とメロディは計算されて書かれてるんでございます。
クリエイターは熟考して作ってるから、楽曲に思い入れがあるんでございます。
……というのを少し具体例をあげてみようかなと。

どう聴こえるか、どう届くか。
例えば Road of Resistance のサビのしめくくりにむけて、
萌え……あ、間違えた。うちの予測変換の優先順位が……。えー、仕切り直して。


燃える熱いハート というフレーズがあります。

これが

熱く燃えるハート だとダメなんです。


ん、ダメというか、SU-METALに歌わせるのなら前者の方がいいんです。
なぜか?
母音の響きが違ってきます。

もえる あつい はーと

く もえる はーと

青い文字のところは「無声音」なのです。
「ts」という子音だけ発音し「う」の母音は無声化されます。
これ、日本語のややこしいところなんですけどもね、そうなっちゃうんです。
必然的に、一瞬だけ音が引っ込む。

みなさまご存知のように、SU-METALの魅力はストレートな歌声。
それを支えるのは積み重ねたボイストレーニングと、均一に響く母音。
そう、私はしつっこく主張しますが、彼女が歌うときの母音はとても美しく均等に突き抜けてくる。

彼女の声の魅力を、そこに込めた想いを、サビのおいしいところにがっつりのせて届けるには……。
母音が消えるような言葉の組み合わせを、使わないほうが得なのです。

このようにですね、
ひとつのメロディ、ひとつの言葉、
いや、もう、他にも楽器の音色の重ね方から何から、
すべてが計算されてる。

世のクリエイターというクリエイターは、一生懸命に作品を送り出しているのです。
だから心が楽曲にジャストフィットするまで歌い込んで歌い込んで、大切に歌ってくれるSU-METALは尊いんです。
よくもまぁ毎晩おなじようなことを言い続けられるものだと、我ながら呆れますが……、
何度でも叫びたい。

SU-METALは素敵なボーカルさんDEATHよ!


posted by WANKO-METAL at 01:48| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする