2015年01月24日

SU-METAL聖誕祭で興奮(え、いまさら)

ああ。
後追いファンの苦しさよ。
しかし、好きならばグズグズ言ってる場合じゃないのだ。
恥をしのんで、観るのだ。
そして跪くのだ。
天の御使いに。

私の福音書となりつつある「ヘドバンVOL.3」が幕張で開催されたSU-METAL聖誕祭をもとに構成されているので、観ないわけにはいかない。

ヘドバンギャーのリミックスVER.はYUI様とMOA様が好きだという振り付け。
こ、これか!
このステージはとにかくダンスの気迫というか、鋭さが怖いくらいなんですけど、冒頭からキレッキレ。
しかもこの曲、表情がすごい。
3人ともドール(お人形)を演じてませんか?
この1曲の世界観、すごい。
や、ほんとにすごい。
少女たちによるクールでアングラなステージ。

そして、ドキモでいつもの3人が帰ってくる。
キレと勢いなら武道館よりあるかもしれない。
これ生で観たら鳥肌どころじゃないですよ。

そして語らねばならないのがSU-METALのソロ。
「魂のルフラン」メタルカバーと「紅月-アカツキ-」ピアノVER.

私、心の底から土下座ヘドバンしなければなりません。
SU-METALは不器用だからフェイク入れないのかも、と思ってました。
バカバカバカバカ。
そんなわけあるかーーーー、バカ!
SU様に謝れ!!!
ごめんなさい!

ボーカルテクニックは当然のように持っておられたのDEATH……。
伴奏がシンプルな分、ボーカルは普段より細かい表現を入れていかないといけない。
インタビューでピアノVER.「紅月-アカツキ-」は試行錯誤しつつ歌いこんで慣らしていったと答えています。
しかし、まさかここまで普段と違うものに仕上げていたとは……。

ドストレートな歌唱は楽曲に合わせて貫いていたことなのに、わたし知ったようなこといいやがってバカバカ!
「メギツネ」のフェイクは決められたものだろうし、と思ってた。
SU様に謝れ!!!
ごめんなさい!

恥ずかしい!
マリア像の代わりに粉々になりたい!!

もうSU様のことポンコツとか言わない!!!!

……。


…………。


ん………、それは………。


YUI様カワイイ!

MOA様イケメン!

SU-様ポンコツ!


だめだ、言わずにいられない……。
ごめんなさい。

posted by WANKO-METAL at 00:24| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

世を忍ぶ仮の姿がポンコツすぎて愛おしい

バイブルと化した「ヘドバンvo.3」を今夜も開く。
厳かに。
祈るように。
そして祈祷の声をあげる。

すぅちゃぁぁああああああああああああぁぁぁんっ!!


すぅちゃんがカラオケでBABYMETALの曲を歌えないって言うのはわかります。
昨晩書いたように、楽曲への取り組みが本気すぎるから。
BABYMETALの楽曲とSU-METALは一体だから。
歌ったら、SU-METALになってしまう。遊びやくつろぎの空間じゃなくなってしまう。
かといってBABYMETALの曲を、気持ちゆるめて歌うなんてできないんでしょう。

とにかく、すぅちゃんは、そんな場所で唐突にSU-METALに変身するわけにいかないんDEATH!!
正体がバレてしまいます。
世を忍ぶ仮の姿である中元すず香が「争いを鎮めて世界をひとつにする正義の戦士SU-METAL」だってバレたら大変です!

クラスメイトA 「ねぇねぇ、中元さんってSU-METALに似てるよね、黙ってれば」
クラスメイトB 「えーやだ、一緒にしないでよ! SU-様に失礼よ!」
クラスメイトA 「失礼まで言う?」
クラスメイトB 「ほらだって見て、あそこ。中元さん、また上履き左右逆に履いてる」
クラスメイトA 「あー……。逆に器用っていうか。よく歩けるよね」
クラスメイトB 「ま、そこが可愛いんだけどね。でもSU-METAL様はあんなにボーっとしてないもん」
クラスメイトA 「そうよね、ああ、SU-METAL様はどこでどんな風に暮らしてらっしゃるのかしら……(うっとり)」

みたいな。

唐突に始まった妄想タイム、強制終了


インタビューの感想に戻ろ。

SU-METALが、YUIMETALとMOAMETALの成長について語ってるところ、かわいすぎ。
フェス会場で迷子にならないようにふたりで固まって行動するようになった、って……。
それが成長って……!!!












でも一方で、MOAMETALはボケーっとひとりの世界に入っていっちゃうSU-METALにちょっかいだして、みんなとの輪に引き戻したりするし、チビちゃんふたりが「SU-METALも大変だよね」って励ましてたりするという……。

保護者どっち?!!!

posted by WANKO-METAL at 01:42| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

震えるぞハート(SU-METAL独占ロングインタビュー読んだ)*ちょい補足した

2014年の3月に初版発行の「ヘドバンVOL.3」を今頃手に入れました。
読みました。
HEADBANK.jpg
SU-METALの独占ロングインタビュー。

震えた。
たくさん、いろんなところで驚いたけれど、一番心拍数があがったのが……。

「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の歌詞を自分の中に落とし込む作業に半年以上を費やしたというところ。

厳密には「メギツネ」が半年くらいかかって「I,D,Z」はもっと、という答え方でした。
ともかく、そこまで楽曲と向き合っているんです。

感覚です、と本人は記事の中で笑ってましたが、与えられた歌を自分の言葉にすることにこだわりがあるわけですよね。辞書を引いてとかじゃなくって、と答えてるのは、大事なのは単語の意味ではない、と。与えられた曲の中で自分が歌うべき本質を探し求めていく。そういうことですよね。するっと入ってこない場合には、どれだけ時間がかかっても、向き合って落とし込む。
SU-METALが、そこまでしてくれるボーカリストだったという事実。

これがどれだけ感動的なことか。
作り手にとって、どれだけすごいことか。

あぅう、ほんとに涙でてきた。
自分がスタッフだったら、ガチで泣きます。
ほんでMIKIKO先生に「仕事場で泣くな」って怒られたい。

あ、脱線した。
えーと。

えーとね。

歌詞を忘れたり間違えたりするアーティスト、ボーカリストっているじゃないですか。
別に、いいんですけど。
いいんですけど。
すっぽ抜けって、あるよね、あるある。

でもね、曲に想いを込めて作れば作るほど、本気で書いた曲であればあるほど、忘れられた方は「ん」ってなるんじゃないかな。
歌詞には意味があって、メッセージがあって、物語があって。
ワンフレーズが次のワンフレーズにつながって。
リフレインにも狙いはあって。
どの音にどの言葉を載せるかっていうのも、リスナーへの伝わり方を考えてて。

バンドメンバーとボーカルが、そういうのでケンカするのとか、よくわかる。
歌ってて歌詞が飛ぶってことは、暗記してたものを忘れたというだけのことです。
でもそれ……、裏を返せば、心が歌と一致してないって証明しちゃってるわけなんですよ。
歌い出しから楽曲の持つドラマがつながっていかない。
それは、歌い手の胸の中に、流れが落ちていないから。

作詞作曲したメンバーは傷つきます。
スタッフも傷つきます。
予算をとって、箱をおさえて、お客さんに聴いてもらって、レコード会社説得して。
見えないところで、その一曲を世に送り出すためだけに、一生懸命やってんす。
思い入れってやつDEATH。


もういいよね。
もうわかってくれますよね。


SU-METALは絶対に歌詞を忘れたり、飛ばしたりしないでしょう。
なぜなら、歌詞と心がひとつになっているからです。

忘れないことが凄いと言いたいわけではなく。
そこまで楽曲と一体化しようとする愚直さがとてつもないんです。

入り込んでしまっているというわけではなく、歌い手として、自分の言葉にして、届けてくれる。
歌に入りすぎてインプット状態で歌ってるわけじゃない。
SU-METALは、アウトプットしているんです。
歌詞の言葉通りに、まっすぐに。


下手をすればネタ曲あつかいになりそうな「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が人の心をうつ。
それは、SU-METALが歌うから。
半年以上をかけて、考えて、向き合って、歌詞とメロディを自分の言葉にした彼女が。

このタイプの曲を歌う時は、下に意識を置いてる、と言ってます。
根を張って伝わっていくような、そういう、大地に広げるイメージで歌っているのでしょうか。

地球にSU-METALの想いが染み込むといいな。
私たちの声援や涙がその後押しになるなら、どんどん応援したい。

楽曲制作に関わる全員が、ステージに関わる全員が、その間に立つスタッフ全員が、お金を出す偉い人が……、
「この子とまた仕事したい」と思うのは当然です。

だって、報われるもん。
教頭先生のインタビューも載ってて、MステにBABYMETALが出て、この曲歌ってるのをみて泣いたって。
そこを読んでまた私も泣く。

ああ、このインタビュー読み込みすぎて付箋だらけになるわ。
IMG_1877.jpg
posted by WANKO-METAL at 02:42| Comment(0) | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。